やらなイカ?

たぶん、iOS/Androidアプリの開発・テスト関係。

UWA GOTでUnityアプリのプロファイリング(iOS編)

Unity向けプロファイリングツールであるUWA GOTのv2.0.1から、iOSプラットフォームでのプロファイリングも可能になりました*1。 本記事では、iOS版の導入手順(Androidとの差分)と注意点などを紹介します。

なお、UWA GOTの概要については、過去記事を参照してください。

www.nowsprinting.com

www.nowsprinting.com

SDKインテグレーション

基本的なインテグレーションはAndroidと同様です。 ただし、最初に開くSceneのヒエラルキには、UWA/Prefabs/UWA_Launcherを追加します*2

以上設定したら、Development Buildを有効にしてビルドします(Xcodeプロジェクトを生成します)。

Bitcodeを無効化

XcodeプロジェクトはデフォルトでBitcodeが有効な設定になっていますが、UWA GOTのiOSライブラリはBitcodeに対応していません*3。 そのため、Build Settings > Project*4 > Build Options にある"Enable Bitcode"を探して"NO"に設定する必要があります(下図参照)。

f:id:nowsprinting:20200222224220p:plain

なお、ビルドごとに毎回手作業で修正するのはつらいので、Unityビルドの後処理でXcodeプロジェクトの"Enable Bitcode"を"NO"に書き換えるスクリプトを入れておくと便利です。

以下のコードをEditorディレクトリ下に配置します。このコードは、Unity 2019.3.2f1 + Xcode 11.1で動作を確認しています。

public class DisableBitcode : IPostprocessBuildWithReport
{
    public int callbackOrder => 0;

    public void OnPostprocessBuild(BuildReport report)
    {
        if (report.summary.platform == BuildTarget.iOS)
        {
            var path = report.summary.outputPath;
            var pbxProjectPath = PBXProject.GetPBXProjectPath(path);
            var replaceProject = new PBXProject();
            replaceProject.ReadFromString(File.ReadAllText(pbxProjectPath));

            var target = replaceProject.GetUnityFrameworkTargetGuid();
            replaceProject.SetBuildProperty(target, "ENABLE_BITCODE", "NO");

            File.WriteAllText(pbxProjectPath, replaceProject.WriteToString());
        }
    }
}

スクリプトは、下記ブログ記事を参考にさせていただきました。

blog.naichilab.com

計測

UWA GOTをバンドルしたアプリを起動すると、下図のGUIがオーバーレイされます。

f:id:nowsprinting:20200222224757p:plain

"Direct Mode"は、onにするとアプリが終了し、再起動するところから計測を開始できます。offのときは、"Overview", "Assets"いずれかをタップしたタイミングで計測を開始します。

計測が開始されると"Stop"ボタンが表示されるので、一通り動作させたらこれをタップして計測を終了します。 一度計測を行ったら、アプリを再起動しなければ次の(他の)計測はできません*5

f:id:nowsprinting:20200222224804p:plain

計測データのアップロード

Android版と異なり、計測が終了するとデータをアップロードするためのダイアログが表示されます。

f:id:nowsprinting:20200222225228p:plain

UWAオンライン(IDとパスワード入力が必要)、もしくはローカルサーバ(IPアドレスの入力が必要*6)を選択し、[データ提出]をタップします。

Onlineの場合、スクリーンショットをUWAオンラインサーバに送信するかを指定するトグルが表示されます*7。[確認]をタップすると計測データが送信されます。

f:id:nowsprinting:20200222225236p:plain

計測データの表示

以降は、Android版と同様です(ただしMonoプロファイルはありません)。過去記事およびマニュアルを参照してください。

*1:本稿執筆時点ではv2.0.2がリリースされており、本稿はv2.0.2ベースで書いています

*2:v2.0.1まではプラットフォームごとに別ファイルでしたが、v2.0.2から統一されました

*3:UWAに修正要望を出しています

*4:ProjectでなくUnityFrameworkだけでよさそうですが、スクショ撮りなおすのが面倒だったのでここままで…

*5:改善要望はしており、修正予定はあるそうです

*6:Unityエディタ上でGOT Editorを開き、WIFIボタンをクリックすると起動します。IPアドレスとポート番号が表示されますがポート番号は入力不要です

*7:Direct Modeもそうなのですが、トグルon/offがとても視認しづらいです。要望は上げています…